• インプラントとは?
  • はじめての方へ
  • 医院のご紹介
  • よくあるご質問
  • 患者様の声
  • お問い合わせ

はじめての方へ

  • インプラント治療の勧め
  • 安心の5年保証
  • 最近のインプラント治療の現状
  • 歯科用CTのご案内
  • インプラントのメリット・デメリット
  • インプラントと他診療の違い
  • インプラントの治療の流れと費用

インプラント治療の勧め

みなさんはインプラント治療をご存知でしょうか?
それは、「入れ歯」や「ブリッジ」あるいは「差し歯」に変わる治療法として開発された新しい治療法です。歯が抜けた時、抜けた歯の 代わりに自然の歯に近い人工の歯を入れることをいいます。 インプラントによって、より自然に近い、そしてより美しい歯を取り戻し、 食べ物を美味しく食べることができます。
神戸町インプラントセンターでは、美容と健康の面からインプラント治療をおすすめしています。

安心の5年保証

せっかくインプラント治療をしても、何らかのアクシデントで歯根が折れてしまったら…?
歯が欠けてしまったら…?そんな不安に応えるために、
「はやし歯科医院」ではインプラントの5年保証制度を導入しております。

保証内容について

当院では、当院で行ったインプラント治療に保証をつけております。

ここ20年ほどでシステム化されている歯科インプラント治療は、40年という実績により、問題なく体の一部としてご使用いただけることが分かっていますが、お一人お一人の体質や、食嗜好、生活スタイルにより、手術したインプラント(上部構造)は変化する場合がございます。
よって、当院にて、指定通りの定期検診やメンテナンスをしていただいたにもかかわらず、変化してしまった場合には、そのリカバリー治療に関する料金を保証させて頂くシステムをご用意致しました。
皆様に安心して治療をうけていただくためのシステムですので、詳しくはお気軽にお問い合わせ下さい。

保証期間
上部構造をセットした日より最大5年間(インプラント体によって異なります。ただし、インプラント周囲の変化、もしくは、歯冠修復物の種類を変更する場合は別途治療費が必要となることがあります。)
保証対象
インプラント体及び上部構造歯冠補綴物

個々のケースによって個別対応可能ですのでお気軽にご相談頂けます。

最近のインプラント治療の現状

インプラント治療は、品質の時代に入りました。
ではインプラント治療の品質とはなんでしょう?現在ではインプラント治療が一般的になってきていて低価格化の波が押し寄せています。
一方マスコミではインプラント治療によるトラブルが報道されています。
この中には医療機関側に問題がある場合もあれば、患者側の思い込みや勘違い、清掃状態が悪い、定期検診を受診しない、喫煙習慣が止められない、などの様々な状況があります。

先ず、御理解いただきたいことは、インプラント治療は骨を相手にした手術だということです。
ですから歯の治療とは異なり顎顔面整形外科の分野であるとも言えます。ドリルで骨に穴を開けインプラントをねじ込みますが、骨がしっかり治ってくれないとインプラントと骨は強力に結合しません。このチタンで出来たインプラントと骨がしっかりくっ付いた状態をオッセオインテグレーションと呼んでいますが、強固な安定したオッセオインテグレーションを達成する為にはいろいろな条件が必要です。

骨にドリルで穴を開けるという行為は人工的に骨折と同じ状態を作ることです。骨折した状態は必ずしも正常に治癒する訳ではありません。偽関節と言って骨が正常にくっつかずに再手術が必要になる場合も決して珍しくはありません。
インプラント治療もインプラント自体の性能が素晴らしくても、生体の治癒する反応が悪ければ強固に安定したオッセオインテグレーションを達成することは不可能です。
一見、骨と結合している様に見えても、骨とインプラントの接触率は70%程度だと言われています。この接触率を上げる為に当歯科医院ではインプラント本体にハイドロキシアパタイトのコーティング処理をしたインプラントを使用します。また、本人の血液を遠心分離に掛け、CGFという血小板に含まれる成長因子を症例により応用しています。

インプラントの品質とは使用している材料のインプラントの種類だけではありません。やはり熟練した術者の仕事はトラブルが少なく長期に安定します。
私が知る限り、良い仕事をしているインプラント専門歯科医師達は、事前に十分に時間と手間をかけ、丁寧で正確な準備をしています。手術をしている時間以外のバックグラウンドに膨大な時間と手間をかけているのです。当歯科医院では複雑な症例は、3D解析を行い、顎模型上で適切なシュミレーション後、手術を行います。

現在は低価格を売り物にしたインプラント治療が派手な宣伝をしていますが、私が卒業している愛知学院大学病院のインプラント科にはインプラント治療のトラブル患者の来院が多いのも現状です。

安くて良い品質の仕事が安定して供給されることはありえません。
ディスカウントショップの存在が長期に存在しない様に安売りが看板というのは難しいと思います。
(とはいえ、当院のインプラント価格は、周辺の平均価格よりは、かなり安いのですが、)私が尊敬する先輩や仲間の先生はきちんとした責任ある仕事をする為にコストを下げることはありません。

歯科用CTのご案内

特殊なX線センサーとコンピュータを用いて、対象物を平面ではなく立体的に撮影することができるX線装置をコンピュータ断層撮影:Computed Tomography(CT)と言います。
そのCTの中でも、X線の照射装置を従来からのファンビーム方式ではなく、コーンビーム方式を用いて撮影するものを歯科用CTと言います。立体的な高画質画像を得ることができるため、平面画像としてのパノラマX線撮影や口内法X線撮影では判別できない、画像診断を行うことができます。

インプラント治療への応用

入れインプラント治療にはCTの撮影は欠かせません。当院ではインプラント治療を行うすべての患者様に術前にCTを撮影して、埋入方向や人工歯根の長さやサイズ、そして上顎洞の位置、下顎神経との距離などを計測してから手術を行っております。これにより手術における神経麻痺や偶発症を回避することができます。
360度あらゆる角度でインプラントを埋め込む位置が正しいかどうか、神経に当たらないかをシミュレーションすることができます。