• インプラントとは?
  • はじめての方へ
  • 医院のご紹介
  • よくあるご質問
  • 患者様の声
  • お問い合わせ

インプラントと他診療法の違い

  • 部分入れ歯とインプラントの比較
  • ブリッジとインプラントの比較
  • インプラント治療のメリットとデメリット
  • インプラントのメリット・デメリット
  • インプラントと他診療の違い
  • インプラントの治療の流れと費用

部分入れ歯とインプラントの比較

多くの歯を失った場合、ブリッジによる治療を行うことはできません。このような場合は義歯による治療以外には失った歯を補う方法はありませんでした。

義歯は失った歯肉の上に、プラスチックの人工歯と床(顎の部分)をのせて使うために、不安定で、強いかみ合わせの力を支えるには乏しい治療法でした。

さらに、安定させるために、残った歯に維持装置(クラスプ)をかけて使用するので、残った歯の寿命が短くなります。コーヌスクローネ(2重冠)、マグネットなどのような維持装置が開発されましたが、残った歯に与える負担は変えることができませんでした。

デメリット
噛む力が健康な歯の3~4割。
取り外して手入れが必要である、口の中が不衛生になる。
長期間の使用によりガタつきが出る。
口の中に違和感を感じやすい、発音しにくい。
維持装置のかかった歯の寿命が短くなる。

ブリッジとインプラントの比較

インプラント治療を多く行われる以前は、入れ歯にしないで済ますため、失った歯の両隣の歯を削り、冠を被せるベースを作って、歯がない部分に見せかけの歯を作り、両隣の冠と連結させて歯を失った部分を補う治療法が行われていました。これがブリッジです。ブリッジにはこんな欠点があります。

デメリット
健全な両隣の歯を削らなければならない。
両隣の歯が失われた歯のかみ合わせの力を負担しなければいけない。
見せかけの歯と下にある歯肉はすき間ができやすい、食べかすがたまる。
冠の連結が長いため、金属のたわみによって外れることがある。

インプラント治療のメリットとデメリット

部分入れ歯もブリッジもデメリットを多く含んだ治療法です。
そこでインプラント治療が出てきたわけですが、当然ながらインプラント治療にもメリットデメリットがあります。

メリット
天然歯の様に骨に歯を固定するので、違和感なく噛むことができる。
噛む力は、天然の歯と同等から80%近くまで回復させられる。
残った歯に影響なく(削ったり、維持装置をつけたりせずに)回復させられる。
歯肉の中より立ち上がるため、歯肉がかぶさるなどの変化が少なくなる。
デメリット
手術が必要であるため、全身状態、またはインプラント埋入部に問題があるとできない。
天然歯には近いが、天然歯の様に骨を線維で結合しているのではなく、オステオ・インテグレーション(骨結合)のため、人によって強いかみ合わせ音、振動を感じることがある。
保険適応でないため、自費治療となる(インプラント治療の流れと費用のページ参照)。

インプラントにもデメリットはありますが、健康な歯や歯茎に対して影響を及ぼすデメリットではないため、可能であればインプラント治療を行ったほうが今後の歯や歯茎のためにもよいのではと考えています。